2016.09
30

簡単にプロトタイプが作れて共有できるクラウドサービス「Prott」を使ってみた。


業務で必要になったので、プロトタイピングツール「Prott(プロット)」を使ってみました。

こんなサービスです。

Prottの良いところ

①簡単にワイヤーフレームが作れる

ログイン画面を作ってみたのですが、3分程度でできました。普段イラレのようなツールを使っている人は簡単に使えると思います。
シェイプでいろいろ描写もできます。

prottapp1

制作画面はこんな感じ。
prottapp2
左側のメニューから、部品を持ってきて→はめ込んで→いじる。これだけです。

手書きのラフを写真で取り込み、みんなで共有なんてこともできます。
https://liginc.co.jp/web/tool/mac-iphone/134883

②リンクが便利

作ったページ同士をリンクできます。
例えばログインボタンを指定してリンク先に繋げると、

prottapp3

タップ(クリック)で行けます。
リンクさせたページが動く画面はプレビューで見られます。

prottapp4

アクションもタップやダブルタップ等、デバイスごとに色々用意されています。

③コメント機能で疑問を共有

ワイヤーフレームの画面にコメントを書くことができます。

prottapp5

コメントがついた所は一覧で確認できます。

prottapp6

コメントは解決済みかどうかでon⇔offできるため、タスクの把握がしやすくなっています。
ディレクション時の細かいやり取りに便利ですね。

④チャットで質問できる

技術的な疑問点等を制作会社に質問できます。
操作について質問をしたところ、わりと早め(30分程度?)に返信が来ました。
アイコンでやりとりしている人の顔が見えるのも良かったです。

prottapp7

改善点

改善点を挙げるとすると、操作がもうちょっと良くなって欲しいという所でしょうか。普段ワイヤーフレーム制作はイラレを使っているので、痒いところに手が届かない感じがします。ですが、これだけグラフィカルに動くツールをweb上で使えるのは凄いと思います。

無料プランからありますので、試しに使ってみてはいかがでしょう?
Prott-料金プラン

ホームページを持ちたいあなたへ フリーランスという選択肢はいかがでしょう?

ページトップへ戻る