2016.11
17

仙台で本格台湾料理を楽しめるお店 CHUN WEI(チュンウェイ)


中学校からの友達ナリケン(成田健一)が仙台で本格的な台湾料理が楽しめるお店をオープンしました。
ナリケンは台湾と日本のハーフで、台湾人のフレンドリーなママ(おばちゃんと言うと怒られる)と一緒に店を切り盛りしています。
何回かナリケン宅でママの手料理を食べたことがあるのですが、めっちゃうまいです。
コンセプトは「1人でふらっと来て食べられる台湾料理店」だそう。

場所は東北公済病院の裏。赤い看板が目印。
階段を降りて地下に入るとすぐ入り口が見えます。

突き出し。左下は豆腐の皮(成形する際に出る外側の部分)を干して燻製にしたもの。ミミガー、ナッツと小魚を会えたもの、にんにくが効いたキュウリの漬物。
img_8244

マコモタケ(真菰筍)と鶏肉の炒め物。食べたこと無い食感でシャキシャキしている。台湾では「美人足」と呼ばれている。
しいたけとマコモタケに鶏肉の旨味を含んだ餡がからんでうまい。
img_8247

パーコー(排骨)。めっちゃサクサク。ラー油かけるとまた一味違って良い。
img_8252

ラー油とラージャン(辣醤)も手作りで作っているそう。
ラージャンは白、赤、青トウガラシを挽いて二度揚げしている。ちょっと舐めただけでもめっちゃ辛い!
img_8256
img_8260

赤チャーシュー(紅焼肉)。豚バラ肉を紅麹に漬けて芋粉で揚げたもの。これ、大好き。
とろみ醤油とパクチーを少し乗せて食べるとメチャうま。カリッっとジューシ。
img_8263

パクチーは香りが強くて得意ではないのですが、ここのは切ってから一回水に晒しているので香りが適度になって食べやすく、良いアクセントになっています。

ビールが進む。
台湾のビールと似ているから出しているそう。
img_8268

干し梅入り紹興酒も飲んだけど、だんだん味が変わってきて楽しい。(写真撮り忘れた…)

大根と米粉を混ぜて揚げたもの。
img_8267

牛肉麺。出汁にフルーツを使っているそうで、甘みと濃い旨味がマッチしている。
これは屋台料理なのですが、屋台より数倍濃い出汁にしているそうです。
img_8275
よく煮込まれた肉がうまい。

久しぶりに食べた台湾料理は美味しかったです。
チュンウェイでは屋台料理から本格レストランまで、台湾で食べられている色んな料理をミックスして出しています。美味しいものをちょっとずつ食べれるのが良い。「1人でふらっと来て食べれる台湾料理」がコンセプトなので、1人で行っても楽しめるお店になっています(テーブル席もあるのでグループもOK)。
メニューは基本おまかせで、その日仕入れた良い食材のみを使っています。

台湾料理ってなんなの?

台湾料理は中華の福建料理がベースになっています。中華と比べてあっさり系で辛くない。
油は少なめで、ゴテゴテ・ギトギトせず胃もたれしにくいのが特徴です。
油や辛味を追加したい場合はラー油やラージャンをお好みでかけて食べます。

お店情報

【店名】台湾酒家 CHUN WEI(チュンウェイ)
【金額】コース3000円~、アルコール(ビール、その他)600円~、ソフトドリンク400円~、
【住所】〒980-0803 仙台市青葉区国分町2丁目8-2
【営業時間】18:00~24:00
【定休日】
【席】カウンター7名、テーブル4名×2卓
【電話番号】022-226-7131
【店長】ナリケン

ホームページを持ちたいあなたへ フリーランスという選択肢はいかがでしょう?

ページトップへ戻る